スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

哀 




あなたは知らないよね


私がどんなに彼方のこと好きかなんて


私は彼方の事
みてるけど


彼方が見てるのは


私じゃなくって
あの子だった



皆気づいてないけど
いつも
彼方を見てる私だからわかるの


気づきたくなかった

彼方があのこと話してるときの
ほんのり紅い頬


そんな彼方を見るのが
嫌だった

あぁ

もっと早く気づいてたら
私の気持ちは変わってたのかな


今更
どうすることも出来ないけど

もし
もし、彼方が私を見てくれるなら

私はそのときまで待つから

だから
彼方に恋をしていてもいいですか

スポンサーサイト

[2011/12/03 21:45] 詩(というかポエム | TB(0) | CM(3)

はじめまして、某人と申します。
「ほんのり紅い頬」というのがなんとも可愛らしいですね。
秘めたる片想いがなんとも切ないなあと思いながら拝読しました。
[2011/12/06 11:52] ぼうひと [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2011/12/06 11:53] - [ 編集 ]

ぼうひとさん

コメありがとうございます。
切ないですね。
ありがとうございました。

[2011/12/16 04:40] へむ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tyokomulusu.blog47.fc2.com/tb.php/495-fed78b8d


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。